紙箱の種類と特徴 > 段ボール箱

段ボール箱

corrugated case

段ボール箱

その名のとおり、段ボール紙によってできあがる箱です。 軽量でかつ強度があるため、梱包用に用いられます。 また、飲料など商品の個装パッケージや、ギフトパッケージにも用いられます。
<製造ロット:50個~(A式箱)、500個~(N式箱、かぶせ箱)>

製品例はこちら ~モリタのブログ~
【メリット】

A式箱はお好きなサイズで、小ロットから生産可能です。
N式箱はカラー段ボールによるデザインパッケージが可能です。

【デメリット】

N式箱は抜き型が必要のため初期費用がかかります。
(ただし当社在庫の抜き型使用の場合不要)

段ボール箱の仕様を決めるには…

段ボール箱は箱のタイプ、段ボール紙の種類によって基本仕様が決まります。
さらに、印刷加工の有無、カラー段ボール(A式箱は除く)の使用の有無により仕様が決まります。
A式箱の場合は特に中に入れる内容物の重量や段ボール箱を段積み使用するかどうか等の条件設定が重要となります。
見積り依頼の際はこれらの条件をお伝えください。

段ボール箱のタイプ

A式段ボール箱
A式段ボール箱

上下それぞれに4枚のフタ(=フラップ)がついた箱。梱包箱や、農産物の出荷箱など幅広く用いられる最もポピュラーな段ボール箱です。

N式段ボール箱
N式段ボール箱

フタを差し込むタイプの箱。箱はのりを一切使用せず折り込むことによって出来上がります。 商品の個包装パッケージや、宅配便の発送用など、広く利用されています。

かぶせ式(C式段ボール箱)
かぶせ式(C式段ボール箱)

フタを身箱にかぶせるタイプ。他の紙箱ではよく見受けるタイプです。画像の箱はカラー段ボールによる例です。 糊を使用せず手で折り込むタイプと、箱の四隅を糊づけや針金で仕上げるタイプがあります。※身箱とは下側の箱のことです。

 

段ボール紙をえらぶ

段ボール紙は「中芯」とよばれる波型紙を「ライナー」とよばれる紙を上下に貼り合わせて出来上がります。
中芯の波の高さに違いにより、数種類の厚みの段ボール紙があります。
Aフルート段ボール(A式段ボール箱との言葉の違いに注意!)は厚さ約5mmで最も厚く、おもに梱包用や農産物など重量物用として、A式段ボール箱に使用されます。
Bフルート段ボールは、厚さ約3mmで、梱包用のほか、飲料など重量のある商品パッケージに使用されています。
Eフルート段ボールは、厚さ約1mmで、おもに商品個装用やギフトパッケージなどに使用されています。
Eフルートにはさまざなデザインのカラー段ボール紙がありデザインパッケージが可能です。

印刷加工 or 無地

段ボール箱の場合は、フレキソ印刷という手法で1~2色程度のカラー印刷が可能です。
ただし、オフセット印刷のような、多色できめの細かい印刷加工でありませんのでご注意ください。
初回のみ製版代がかかります。(要するに一般的な野菜の段ボール箱の印刷加工を参考にしてください)
Eフルートの段ボール箱の場合は箔押し加工が可能です。こちらも段ボール以外の紙箱に施す場合より、若干クオリティが落ちますのでご了承ください。