紙箱の種類と特徴 > 貼箱

貼箱

rigid paper box

貼箱

板紙(※)を箱状に組立て、外側に色紙やデザインされた紙を貼って仕上げる箱。 出来あがった状態で納品します。折りたたみはできません。しっかりとした頑丈な紙箱です。 お菓子の箱、ギフトボックスなど、高級感がもとめられるパッケージや、差別化をはかりたいパッケージにおすすめです。
※板紙とは紙箱製造に用いられる厚紙のことです。
<製造ロット:100個~>

製品例はこちら ~モリタのブログ~
【メリット】

お好きなサイズで、小ロットから生産可能です。

【デメリット】

一般的に、折り箱より価格が高くなります。(同一ロットの場合)

貼箱の仕様を決めるには…

貼箱は箱の寸法と、箱のタイプ、貼る紙の種類によって仕様が決まります。
フタなどにデザインを施したい場合は箔押し加工によりロゴを入れることが可能です。
あらかじめデザインが決まっている場合はオフセット印刷を施した紙を貼ることも可能です。

貼箱のタイプ

かぶせ式
かぶせ式

フタを身箱に直接かぶせる最もポピュラーなタイプ。
身箱とは下側の箱のことです。

インロー式
インロー(印籠)式

身箱の内側に箱(枠)があり、これにフタをかぶせるタイプ。

ブック式
ブック式

フタと身箱をつなげて片方からフタが開くタイプ。
画像はインロー式がベースの箱。

貼る紙をえらぶ

貼り箱は数多くのデザイン紙のなかからチョイスすることにより、 モダンデザインの箱からレトロな和風デザインの箱までさまざまなパッケージデザインに仕上げることができます。
最も多く用いられる紙が「タント」と呼ばれる紙です。タントはカラーバリエーションが豊富で風合いのよいカラーペーパーです。
昔ながらの和風デザインの紙も種類が豊富で、いまでも和菓子の箱などに使用されています。

箔押し加工の有無

貼り箱に商品ロゴや企業ロゴなどを入れたい場合に用いられる方法が箔押し加工です。
箔押し加工とは、デザインの版をつくり、機械で版を押して、色箔を箱に熱転写することにより仕上げる方法です。
見栄え良く仕上がるのでロゴデザインを施すのに適しています。
ただし、デザインの線が細かったり文字が小さすぎる場合は箔押し加工には適しません。くわしくはお問い合わせください。