紙箱の種類と特徴 > 折り箱

折り箱(組立箱)

collapsible box

折り箱

手で折込んだり、立ち起こし組立てることにより出来あがる箱。最もポピュラーな形式。 デザイン的には、無地の箱と、印刷された箱(=印刷紙器)があります。 製品の個装パッケージや、ギフトボックスなどに使用されます。
<製造ロット:500個~>

製品例はこちら ~モリタのブログ~
【メリット】

印刷により、デザイン性の高いパッケージが可能です。
大量生産により、安価にすることができます。

【デメリット】

小ロットの場合コストがかなり割高になります。
初回ご注文時には、抜き型代がかかります。
(ただし、当社在庫の抜き型を使用する場合は不要です。)

折り箱の仕様を決めるには…

折り箱は箱の寸法と、箱のタイプ、紙の種類によって仕様が決まります。
紙の種類には、白無地の紙が基本で、ほかにクラフト調や、金・銀などのメタリック系、カラーベースのものがあります。
デザインを施したい場合はオフセット印刷加工か、箔押し加工により行います。

折り箱のタイプ

かぶせ式
かぶせ式

フタを身箱に直接かぶせる最もポピュラーなタイプ。
※身箱とは下側の箱のことです。

サック式
サック式

フタを差し込むタイプ。箱の底は差込みフタになっているものと、 フタではなく折込みにより底抜けしないように工夫されたもの(ロックボトムタイプ)があります。

スリーブ式
スリーブ式

本体箱(内側)とスリーブ(外側)からなるタイプ。本体箱は横にずらして引き出します。

キャリー式
キャリー式

ケーキ箱などで一般的に使用されるタイプ。持ち運びのための取っ手がフタの役割を果たしています。

シールエンド式(印刷あり)
シールエンド式

レトルト食品の個装パッケージに使用されるタイプ。フタは上下にありますが、いずれも糊付けされています。 写真はデザイン印刷されたものです。

サック式(印刷あり)
サック式(印刷あり)

デザイン印刷されたサック式の箱です。 ここで紹介されている箱はいずれのタイプとも、この様に印刷された箱(=印刷紙器とよばれる)に加工することが可能です。

紙をえらぶ

箱で使用する紙は、書籍やポスターなどに使用する紙より厚い紙で、一般的に「板紙」と呼びます。
板紙はわかりやすく分類すると、白色系、クラフト系、メタリック系があります。
最も多く使用される白色系には、表面のみ白色(裏面はネズミ色)のコートボール紙と、両面が白色の板紙があります。
コートボール紙はオフセット印刷にも適しています。
クラフト系は紙繊維の風合いを生かしたもので、いくつかのラインナップがあります。詳しくはお問い合わせください。
さらに表面に光沢処理した板紙や、耐水処理をした板紙もあります。
また、板紙の原料面からかんがえると、リサイクル古紙の含有率により紙が選定されます。
紙質はリサイクル古紙の含有率が少ないものほど良質になりますが、近年は環境問題の高まりから、 古紙含有率の高い再生紙がよく利用されます。
見積もり依頼の際は、希望の紙色を指定してください。適切な板紙を選定いたします。

印刷加工 or 無地

デザイン性とコスト面の兼ね合いにより印刷加工方法を決めます。
無地の箱は小ロットから製造可能で、印刷費がかからない分、低コストに仕上げることができます。
印刷加工の場合は基本的にオフセット印刷を施します。
また、箔押し加工を施すことも可能です。